自分を見てもらうために|安い価格が魅力的な印刷通販|気軽に印刷を依頼できる
印刷

安い価格が魅力的な印刷通販|気軽に印刷を依頼できる

自分を見てもらうために

パソコンを操作する人

なるべく業者に依頼

名刺のデザインは、仕事用とプライベート用に分けて作る必要があり、大人になると業者や自作で印刷する方も多いでしょう。名刺を自分でデザインし、自宅のプリンターで印刷する方もいらっしゃいますが、レイアウトがずれてバランスがおかしくなったりインクが掠れたりと、失敗するリスクもあるので、初めてチャレンジする方は注意してください。特に仕事用は、分かりやすくきちんとしたレイアウトを考え、しっかりした名刺用の紙を使って作らなければなりません。できれば仕事用はプロの印刷業者に依頼し、業者のサイトにあるテンプレートを使って印刷するようにし、プライベート用は自作するという方法がおすすめです。小ロットで印刷してくれる業者もあるので、探してみましょう。

上手く使い分けよう

名刺のデザインは、自分がいつどこで使うかがポイントになります。仕事で使う時は、装飾やキャラクターのイラスト、丸文字などはあまり好まれません。シンプルな白地に黒のはっきりした明朝体などのきっちりした書体を使います。仕事の関係で相手に渡す時は、名前と社名、連絡先などが書かれているだけでいいので、浮かれたデザインは避けるのが一般的です。しかし、お見合いパーティーや合コン、サークルなどプライベートや趣味の集まりで名刺交換をする時は、逆にシンプルだと何が好きで、どんな人かが分かりにくいので、思いきり趣味に走った方が相手に伝わりやすくなります。カラフルにしたりキャラクターを添えたりして楽しんだりと、上手く使い分ける必要があります。